姫路の弁護士による刑事事件の相談

公然わいせつ罪になる行為とは?罰則と逮捕後の流れ

このページでは、どのような行為が公然わいせつ罪にあたるかや、公然わいせつ罪の罰則、逮捕後の流れなどについて解説します。

公然わいせつ罪とは

接見交通権とは

公然わいせつ罪は、社会の健全な性道徳・性秩序等を保護法益としており、特定の人間が被害者となるのではなく(後述のように、目撃者が被害者的な立場になることはあります。)、社会の秩序・風紀が乱されることが被害にあたります。

公然わいせつ罪の刑罰

公然わいせつ罪の法定刑は、6月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料です。

公然わいせつ罪の構成要件

公然わいせつ罪は、「公然と」「わいせつな行為」をしたときに成立します。

公然わいせつ罪における「公然」

公然わいせつ罪における「公然」とは、わいせつ行為を不特定または多数人が認識できる状態をいいます。不特定多数の人が認識できる状態であれば、実際に不特定多数の人がわいせつ行為を認識していなくても、「公然」と行われたといえます。

公然わいせつ罪における「わいせつな行為」

公然わいせつ罪における「わいせつな行為」とは、いたずらに性欲を興奮または刺激せしめ、かつ普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するものをいいます。公園や路上などの公共の場での局部の露出や性行為、インターネット上で不特定多数の利用者に裸体や性行為の動画をリアルタイムで配信・閲覧させる行為などが該当します。

身体露出の罪との違い

軽犯罪法の「身体露出の罪」は、人に嫌悪感を催させるようなやり方で尻や腿(もも)、乳房など身体の一部を露出した場合に成立します。大まかにいえば、公然わいせつ罪とは露出する部位や行う行為によって区別され、性器の露出や性行為は公然わいせつ罪、尻や乳房など、性器ではないが通常は衣服で隠れている部分の露出は「身体露出の罪」となります。

逮捕後の流れ

公然わいせつ罪の場合、公然わいせつ行為の目撃者がすぐに通報、あるいは自ら逮捕するなどして現行犯逮捕される場合もあれば、行為時には逮捕されなかったものの、防犯カメラの捜査などで犯人が判明し、逮捕状が取られて通常逮捕される場合もあります。

逮捕されると引き続き勾留されることが多いですが、公然わいせつ罪の場合、行為の内容がそこまで悪質ではなく、逃亡や証拠隠滅のおそれもないと判断されれば、勾留されずに在宅での取調べとなることもあります。

公然わいせつ罪で逮捕された場合の弁護活動について

上記のように、公然わいせつ罪では身体拘束を回避して在宅捜査を受けられることとなる可能性がありますが、一旦逮捕されてしまうと、勾留を阻止、あるいは取り消すためには弁護士による活動が不可欠です。

また、処分をできるだけ軽微なものにするためには、不当な内容の調書の作成等をなされないための取調べに向けた弁護士によるアドバイスや、常習者の場合、専門家による治療を受けるなどして再犯防止のための努力をしていることを証拠化することなどが有効です。

実質的な被害者がいる場合

公然わいせつ罪は、公然のわいせつ行為により社会の性道徳・風紀に害悪を及ぼすことを処罰するもので、法的には個人の被害者は存在しません。

しかし、わいせつ行為を目撃した(させられた)人のように、実質的に被害者的立場にある人が存在する場合があります。この場合の実質的な被害者との示談は刑事事件の処分に向けた有利な事情となり、示談が成立すれば不起訴などのより軽微な処分になる可能性を高める事情となります。

公然わいせつ行為をしてしまったら、弁護士へ相談を

公然わいせつ罪では、事件の具体的事情によっては身体拘束を回避できたり、被害者的立場にある人との示談などの有利な事情を作ることによって不起訴などの軽微な処分を目指すことができたりしますが、いずれにおいても弁護士の活動が不可欠です。公然わいせつ行為を行ってしまった場合、お早目に弁護士にご相談ください。

逮捕されたらすぐにご相談ください

72時間以内の
弁護活動が勝負です!

我々は、ご依頼者様との接見や打合せ、証拠の収集、捜査機関に対する申入れ、裁判所に対する申立て、
法廷における主張・立証、再犯防止に向けた専門機関との連携などを通じて、刑事事件の適正妥当な解決を図ります。

  • 無料
    法律相談
  • 24時間
    電話受付
  • 迅速対応
メールはこちら

※無料法律相談が可能なご家族は、法律上の夫、妻、子、父母、祖父 母、兄弟姉妹です。
※ご相談内容により有料相談となる場合がございますのでご了承ください。
※無料法律相談の時間は1時間です。