姫路の弁護士による刑事事件の相談

早期対応により勾留と公判請求を防いだ事例

依頼のタイミング:
勾留前
罪名
公然わいせつ
弁護士法人ALGに依頼した結果
勾留請求却下、略式起訴・罰金刑

事件の概要

ご本人(20代男性・会社員)が、コンビニ店内にて女性店員の面前で局部を露出した事件。
ご本人は現場から立ち去りましたが、防犯カメラなどから犯人として特定され、後日警察に逮捕されました。

弁護方針・弁護士対応

ご本人が逮捕されたことで、その日のうちにご家族がALG姫路事務所へ相談・依頼されました。
翌日には勾留請求されることが見込まれたため、ただちに接見と勾留請求却下に向けた準備を行いました。具体的には、接見時にご本人から事件の事情や、勾留によりご本人が長期間欠勤することにより勤務先に生じる支障について聴取し、それらの事情を勾留すべきでないという意見書にまとめました。また、釈放されても逃亡や証拠隠滅を行わないことを示すため、ご本人には誓約書、ご家族には身元引受書をそれぞれ書いていただきました。

翌日、これらの書面を提出の上、検察庁、裁判所に掛け合ったところ、勾留請求は却下されました。
釈放後は被害者的立場にあたる女性店員との示談交渉を行いました。公然わいせつ罪は社会の性秩序であり、法的には個人の被害者は存在しない罪ではあるものの、面前でわいせつ行為を目撃した女性は実質的な被害者といえ、その方への謝罪と被害弁償が事件解決のために必要であると考えたためです。

弁護士法人ALG姫路法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

逮捕・ご依頼の翌日には勾留請求されましたが、ご家族のご協力(早期のご相談・ご依頼と身元引受人の承諾)と弁護士の迅速な準備により、勾留請求は却下されました。ご本人は釈放され、勤務先にも事件が知られることなく、2日間欠勤したのみで済みました。

被害者との示談交渉では、被害弁償のほか、ご本人が被害者に接触しないこと、事件のあった店舗には立ち入らないこと等について取り決め、示談が成立しました。被害者のご希望により、弁護士が日曜日にお会いし示談金の受渡し等の手続を行いました。

ご本人には2件の同種前科があり、公判請求が見込まれる事案でしたが、示談が成立したことにより、略式起訴による罰金処分となりました。

刑事事件 解決事例一覧

逮捕されたらすぐにご相談ください

72時間以内の
弁護活動が勝負です!

我々は、ご依頼者様との接見や打合せ、証拠の収集、捜査機関に対する申入れ、裁判所に対する申立て、
法廷における主張・立証、再犯防止に向けた専門機関との連携などを通じて、刑事事件の適正妥当な解決を図ります。

  • 無料
    法律相談
  • 24時間
    電話受付
  • 迅速対応
メールはこちら

※無料法律相談が可能なご家族は、法律上の夫、妻、子、父母、祖父 母、兄弟姉妹です。
※ご相談内容により有料相談となる場合がございますのでご了承ください。
※無料法律相談の時間は1時間です。