姫路の弁護士による刑事事件の相談

窃盗罪における被害弁償及び不起訴処分を獲得した事例

罪名
窃盗罪

事件の概要

スーパーマーケットにて食料品等の合計4点の財物を窃取した事案。
本件事件の2週間前から数回程度財物を窃取していたことから、同スーパーマーケットの従業員から要注意人物としてマークされていた。本件事件の他に、同店舗において数回にわたって窃盗事件を起こしていた。

弁護方針・弁護士対応

被害店舗に対する被害弁償(余罪も含む)
検察官に対して、不起訴(起訴猶予)にすることの意見陳述

弁護士法人ALG姫路法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

被害店舗に対する被害弁償(被疑事実のみ)
検察官への意見陳述により不起訴処分の獲得

担当弁護士のコメント

本事件は、本件被疑事実以外にも余罪があった。
当職としては、余罪についても被害弁償を行うことを目標としていた。
そこで、被害店舗の店長に対して、余罪についても被害弁償を行いたいと伝えたところ、「何を盗られたかどうかが判明していない段階では被害弁償には応じられない」と回答され、余罪に関する被害弁償を拒否された。
その後も、被害弁償を行いたいと伝えたものの、拒絶された。
そこで、余罪の被害弁償を諦め、その経緯全てを検察官へ意見陳述した。

刑事事件 解決事例一覧

逮捕されたらすぐにご相談ください

72時間以内の
弁護活動が勝負です!

我々は、ご依頼者様との接見や打合せ、証拠の収集、捜査機関に対する申入れ、裁判所に対する申立て、
法廷における主張・立証、再犯防止に向けた専門機関との連携などを通じて、刑事事件の適正妥当な解決を図ります。

  • 無料
    法律相談
  • 24時間
    電話受付
  • 迅速対応
メールはこちら

※無料法律相談が可能なご家族は、法律上の夫、妻、子、父母、祖父 母、兄弟姉妹です。
※ご相談内容により有料相談となる場合がございますのでご了承ください。
※無料法律相談の時間は1時間です。