運送業

従業員の労働時間管理

運送業界において、従業員の労働時間管理は重要な問題です。特にトラック運転手の場合、荷待ち時間なども含めて拘束時間は長くなる傾向があり、長時間労働になりやすく、待ち時間などについて給与算定に反映されていない場合、未払賃金が請求されることもありえます。

過重労働や未払賃金などの問題発生を防ぐには、明確な基準を定めるとともに、労使者間で規定を遵守する意識を共有することが重要です。

また、固定残業代を定めている場合でも、その内容自体の適法性が問題となることもあるとともに、所定の時間を超えた場合は割増賃金を払う必要性があることから、労働時間の管理はしっかり行わなければなりません。

違法な長時間労働が行われていれば、取返しのつかない重大な事故・事件が発生する可能性があります。特に、過重労働が原因と見られる事故が起きてしまうと、会社には重大な責任が問われることになります。そのようなリスクを排除するためにも、労働環境の整備は必須です。

労働災害

運送業者でドライバーの業務に従事する従業員は、交通事故、荷物の積み下ろし時の事故、長時間の運転による健康状態の悪化・傷病など、さまざまな業務上のリスクに直面しえます。

これら従業員の業務中に発生した労働災害について、業務中に起きたものか否か、あるいは業務に起因するものか否かが問題となることもありますが、会社としては、労災保険が適用されるべき災害であれば、滞りなく申請手続を行わなければなりません。また、労災保険の使用により労基署の調査がなされる際に、労基法等への違反を指摘されることのないよう、適正な労働環境を維持している必要があります。

従業員の労働時間管理と適正な労働環境の維持は、事故等の業務上の災害の発生を低減させることに繋がり、従業員の安全の確保や会社業務の円滑な遂行のために必要不可欠なものです。現在の業務体制や労務管理について問題はないか、また問題がある場合にどのように改善していくべきかについて、弁護士にご相談ください。

企業側人事労務に関するご相談

初回30分電話・来所法律相談無料

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

※会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません
労働問題 コラム
残業代請求対応、未払い賃金対応(2)
問題社員対応、解雇・雇止め(0)
ハラスメント対応(1)
団体交渉、労働組合対策(1)
労働審判(0)
弁護士との顧問契約(0)
労働訴訟(0)
フレックスタイム制(2)
新型コロナウイルス(2)

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません