後遺障害に相当する怪我であることを主張し、治療費の一括対応期間を3ヶ月伸長できた事例

後遺障害に相当する怪我であることを主張し、治療費の一括対応期間を3ヶ月伸長できた事例

後遺障害等級:
なし
被害者の状況:
頚椎捻挫
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 約150万円 傷害慰謝料は当方提示金額の100%

交通事故事件の概要

ご依頼者様が、片側一車線を直進していたところ、右方向から一時停止せずに出てきた相手方と衝突した事案です。

ご依頼者様は、その事故で、頚椎捻挫の怪我を負ってしまいました。

ご依頼者様は、症状固定前に相談に来られ、一括対応の期間を伸長すること、慰謝料金額の増額交渉を希望されていました。

弁護士法人ALG姫路法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様が弁護士に相談に来られたのは、症状固定前であったため、通院期間の伸長を行いました。

頸椎捻挫・むちうち等の怪我の場合、保険会社は事故後3カ月頃に、一括対応の打ち切りの打診をすることが多いところ、本件事故は、物損的損害が経済的全損に相当するほど甚大であったこと、ご依頼者様が負った怪我は後遺障害に該当するほど重大なものであったことを緻密に主張しました。その結果、一括対応期間を3カ月伸長することができ、ご依頼者様は6か月間、通院できるようになりました。

症状固定後、相手方保険会社との賠償金に関する示談交渉を行いました。

頸椎捻挫・むちうち等の怪我の場合、骨折等のより大きな金額に比べてやや低額な慰謝料になることが多いところ、本件事故による物損的損害が甚大であること、ご依頼者様の負った怪我が後遺障害に該当するほど重大なものであることを緻密に主張し、粘り強い交渉を行いました。その結果、傷害慰謝料については、当方提示金額の100%の金額で示談することができました。

ご依頼者様の怪我の大きさや事故の状況等を緻密に分析し、保険会社に主張した結果、多くの賠償金を獲得することができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る