姫路の弁護士へ離婚の相談をするなら弁護士法人ALGへ

離婚についてお悩みなら、

弁護士法人ALG
姫路支部

ご相談ください。

一人で悩まないでください。私たちは、あなたの味方です。
一人で悩まないでください。私たちは、あなたの味方です。

来所相談30分無料で承っております。

専任の受付スタッフが親切丁寧にご対応致します。慰謝料・親権・財産分与・養育費など離婚問題でお悩みの皆様からのご相談を心よりお待ちしております。

離婚の方法と弁護士へ依頼することのメリット

離婚といっても、離婚には協議離婚・調停離婚・裁判離婚など様々な方法があり、どの方法による離婚が適切かの判断が難しいと思います。そこで、ご依頼者様から話を聞いた弁護士が、ご依頼者様が離婚するにあたり適切な方法は何か、離婚成立に向けて今後どのようなことをすればいいかというご提案をさせていただきます。
また、仕事をしながら、当事者と離婚の話し合いをすることや裁判所に行くことなど困難なことが多いと思います。弁護士に依頼していただければ、弁護士がご依頼者様の代理人となって当事者との話し合い、裁判所に行くことができるため、この点でもご依頼者様のメリットが大きいといえます。

姫路で離婚を考えている方へ

姫路支部では、開設以来、離婚に関する相談を数多くお受けしております。多数の離婚事件(相談)に対応する中で培われた知識と経験に基づき、ご依頼者様のご意向に沿った法的サービスを提供できると自負しております。さらに、弁護士法人ALG&Associates東京オフィスでは、専門事業部制を導入しており、離婚事件の専門チームが存在しています。専門チームは年間数多くの離婚事件に携わるため、豊富な専門的知識を有しております。専門チームが培った専門的知識を各支部にも共有しており、各支部は地域の特性を生かして、共有した専門的知識を日々ブラッシュアップしております。したがって、弁護士法人ALG&Associates所属の弁護士はご依頼者様に対して、より高いリーガルサービスを提供できると考えています。
離婚という問題は、他の問題と比べて、感情的になってしまったり、思ったことを正確に伝えられず、交渉が不利になってしまう場合が多くあります。仮に、夫婦間のみで離婚条件を定めることができたとしても、不利な条件で合意してしまっていたり、事情の変化により、条件を変更したいと考える場合があります。
弊所の弁護士に相談していただければ、相手方との交渉はもちろん、調停離婚や裁判離婚では、ご依頼者様の代理人として、ご依頼者様のご意向に沿った弁護活動、ご依頼者様の将来を見据えた弁護活動を徹底して行います。また、弁護士に依頼したいというものではなく、単に弁護士に話を聞いてほしいというだけでも結構です。
離婚について少しでも考えているのであれば、弁護士に相談してみて、少しでも有利に離婚できる準備を始めましょう。

姫路支部長 弁護士 西谷 剛

姫路で地域に根差し、
離婚後の生活を見据えたご提案を行います

姫路支部では、開設以来、離婚に関する相談を数多くお受けしております。多数の離婚事件(相談)に対応する中で培われた知識と経験に基づき、ご依頼者様のご意向に沿った法的サービスを提供できると自負しております。
離婚の問題は、別居、婚姻費用、慰謝料、養育費、親権といった多くの問題が含まれており、タイミングによって大きく結果が変わってしまうこともあります。
私たちは、依頼を受けた事項だけでなく、ご依頼者様のこれからの生活を見据えたご提案を行い、将来安心して生活できるようサポートすることを心掛けています。

離婚で悩まれているあなた、
どうか一人で悩まないでください

離婚で悩まれているあなた、どうか一人で悩まないでください

離婚に関する問題は、婚姻費用、子どもの親権、養育費、財産分与、慰謝料請求など多岐にわたります。そして、このような問題では、感情的な対立を伴う場合が多く、夫婦当事者同士の話し合いでは解決に至らないことが少なくありません。
弁護士法人ALG&Associatesでは、離婚事件の取扱い件数が圧倒的に多く、豊富な知識及び経験を蓄積しております。それだけでなく、ご依頼者様の希望は何か、ご依頼者さんにとって最も幸せな解決の形はなにかをしっかりと分析の上、サポートしてまいりますので、是非一度、足を運んでみてください。

年中無休・24時間
土日祝日もご相談受付中

離婚でお悩みの方は
お気軽にご相談ください。

必ずあなたのお力になります。
0120-979-039 メールでお問い合わせ

こんな場合は
離婚できる?

民法770条1項は、裁判上の離婚原因として、①配偶者に不貞な行為があったとき(1号)、②配偶者から悪意で遺棄されたとき(2号)、③配偶者の生死が三年以上明らかでないとき(3号)、④配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき(4号)、⑤その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき(5号)を挙げています。
上記①から④のように条文上求められる事情がない場合でも、⑤修復が困難な程度に婚姻関係が破綻していると判断されれば裁判上離婚が認められる場合があります。
以下のような場合が、例として挙げられますが、その他の場合が一切ないわけではありませんので、気軽に相談していただければと思います。

離婚成立前に別居したい

配偶者と離婚についての話をするにあたり、別居しておく方が好ましい場合が少なくありません。なぜなら、配偶者に離婚を切り出した場合に暴力・暴言などのドメスティックバイオレンスの可能性があること、子どもの親権が争われる可能性がある場合に子どもを連れ去る可能性があること、別居しているという事実は婚姻関係の破綻を判断するにあたり考慮される事実であるからです。
別居を考えているものの、具体的にどのような方法により別居すればいいかお悩みの場合には、弁護士に相談していただければ、別居についてのアドバイスやサポートをさせていただきます。
また、別居調停を申し立てるという方法も可能です。別居調停は、夫婦の関係がこじれているような場合に、当分の間、別居して、夫婦の在り方を考え直すために、夫婦関係の調整として申し立てられるものです。別居調停を成立させるときには、別居期間中の婚姻費用の分担、別居に費用を要するときの費用負担、未成年の子がいる場合にはその監護者と子どもとの面会交流の取り決めも調整しなければなりません。

出来る限り
有利な条件で離婚したい

離婚に際しては、婚姻費用、財産分与、親権等、決めなければならない事項が多く存在しています。相手方から離婚を求められ、提示された条件が適切なのか判断できない、離婚を求める場合にどのような条件を提示すればいいか判断できないなどといった問題が考えられます。弁護士は、多数の離婚問題に対応する中で培われた知識と経験を基に、ご依頼者様に出来る限り有利な条件を交渉することができます。このような問題に直面した場合、弁護士を選任した上で、協議離婚や調停離婚等に望むほうが、ご依頼者様の意向に沿った解決ができるといえます。

子どもがいる場合の離婚

子どもがいる場合の離婚に際しては、下記のように親権、養育費、面会交流といった事項が問題となり、離婚における問題の中でも当事者間の感情的な対立が大きく、当事者同士の話し合いでは解決できず、弁護士や裁判所の関与(調停等)無くしては解決できないケースが多いといえます。

子どもがいる場合の離婚

浮気・不倫が原因のお悩み

配偶者に浮気・不倫をされたことがわかり慰謝料を請求したいものの、どのように請求すればいいか悩んでいる方も多いかと思います。夫(又は妻)に対して慰謝料を請求するか、不貞相手に対して慰謝料を請求するか、それとも夫(又は妻)と不貞相手の両者に対して慰謝料を請求するか、さらにどのタイミングで請求するかによって、今後の状況が大きく異なる場合があります。
私たちは、今後の状況の変化を踏まえ、ご依頼者様にとってどのような方法をとるのが適切かを考えた上でサポートさせていただきます。夫(又は妻)の浮気・不倫が原因で日々お悩みの方々、是非一度弊所に足を運んでいただき、ご相談ください。

外国人との
国際離婚をしたい方

外国人との国際離婚をしたい場合

外国人と離婚しようとした場合、そもそも我が国の裁判所で事件を扱うことができるのかという問題があります。被告が我が国に住所を有する場合には我が国に国際裁判管轄を認めることができ、被告が我が国に住所を有しない場合であっても、被告が応訴している場合には、被告の不利益を考慮する必要性が低いことから、我が国に国際裁判管轄を認めることができます。
次に、我が国に国際裁判管轄権があるとしても、その夫婦の離婚に適用される法律を確定しなければなりません。どの国の法律が提要されるかについては、法の適用に関する通則法に定められています。同法27条、25条においては、①夫婦の本国法が同一のときはその本国法、②①のないときは夫婦の共通常居所地法、③②がないときは、夫婦の一方が日本に常居所を有する日本人であるときは日本法、④最後に、夫婦に最も密接な関係のある地の法律を適用することになります。
以上のように、外国人と離婚しようとする場合は、通常の離婚よりも問題は多岐にわたります。

ご相談頂ければ、
きっと弁護士の印象が変わります。

弁護士に対して、六法全書を全て記憶しているような真面目で、とても勉強が好きなイメージを持っていらっしゃる方も多いかと思います。弁護士は、決して法律の勉強だけでなく、スポーツなど様々なことにも興味を持っており、法律以外の話に花を咲かすことができます。
また、法律は難しくて理解できない、弁護士に相談しても自分では理解できないのではないかと不安な方もいらっしゃるかと思います。私たちは、そんな不安を抱えたご依頼者様に分かりやすい言葉で伝えること、ご依頼者様がリラックスしてお話していただけるよう心掛けております。
相談頂ければ、相談前に抱えていたご依頼者様の不安を解消し、弁護士の印象がガラリと変わるのではないかと思います。

離婚相談の流れ

年中無休・24時間
土日祝日もご相談受付中

離婚でお悩みの方は
お気軽にご相談ください。

必ずあなたのお力になります。
0120-979-039 メールでお問い合わせ