多くの傷害慰謝料を獲得することを目標とし、約105万円の賠償金を得た事例

多くの傷害慰謝料を獲得することを目標とし、約105万円の賠償金を得た事例

被害者の状況:
頚椎捻挫
頭部打撲
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約105万円
(傷害慰謝料は、当方提示金額の9割5分)
適正な賠償額を獲得

交通事故事件の概要

ご依頼者様は、父親が運転する自動車の助手席に乗車中、後方から居眠り運転により衝突された。その結果、ご依頼者様が乗車する自動車は横転してしまいました。

ご依頼者様は、その事故で、頚椎捻挫、頭部打撲という怪我を負ってしまいました。

ご依頼者様は、症状固定後に相談に来られ、できるだけ高い金額での示談を要望されていました。<

弁護士法人ALG姫路法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様が弁護士に相談に来られたのは、症状固定後であり、賠償金の増額交渉がメインでした。

もっとも、今回の事故は、自動車が横転するという大事故であったため、ご依頼者様の精神的損害は甚大なものでした。そこで、できる限り、多くの傷害慰謝料を獲得することを目標としました。

相手方保険会社に対する示談交渉において、ご依頼者様が負った怪我が大きいこと、高速道路での交通事故で、死亡しても可能性が否定できなかったこと等詳細な主張を行い、粘り強い交渉を行いました。その結果、傷害慰謝料については、当方提示金額の95%の金額で示談することができました。

ご依頼者様の怪我の大きさや事故の状況等を緻密に分析し、保険会社に主張した結果、多くの賠償金を獲得することができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る