逸失利益及び後遺障害慰謝料について、弁護士介入により請求金額の満額を獲得した事例

逸失利益及び後遺障害慰謝料について、弁護士介入により請求金額の満額を獲得した事例

後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
右血胸右多発肋骨骨折、右肺挫傷、全身打撲、右脛骨高原骨折
争点:
賠償金額、後遺障害等級、休業損害
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約246万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 申請前 14級9号 認定をサポート

交通事故事件の概要

ご依頼者様は、直線道路をバイクで走行していたところ、右側から一時停止をすることなく進行してきたため、ご依頼者様のバイク右前方と相手方の正面が衝突してしまいました。
ご依頼者様は、その事故で、右血胸右多発肋骨骨折、右肺挫傷、全身打撲、右脛骨高原骨折という大怪我を負ってしまいました。
ご依頼者様は、後遺障害の申請直前にご相談に来られました。

弁護士法人ALG姫路法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様が弁護士に相談に来られたのは、担当医に後遺障害診断書を書いてもらう直前であったため、担当医に対して、後遺障害診断書を書くためのお手紙を作成しました。後遺障害を認定するにあたり、担当医が作成した後遺障害診断書が、結果を大きく左右することが少なくなく、担当医に対して手紙を書くことが必要不可欠なのです。担当医に対して、後遺障害診断書に関する手紙を出し、その結果、ご依頼者様は、後遺障害14級9号に該当するとの判断を得ることができました。

その後の示談交渉において、ご依頼者様が負った怪我が大きいこと、後遺障害を負ったことを踏まえ、逸失利益及び後遺障害慰謝料について詳細な主張を行い、粘り強い交渉を行いました。その結果、逸失利益及び後遺障害慰謝料について、保険会社との間で。こちらの請求額通りの合意をすることができました。

ご依頼者様の怪我の大きさや事故の状況等を緻密に分析し、保険会社に主張した結果、多くの賠償金を獲得することができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る