相手方保険会社との粘り強く迅速な交渉によって約161万円増額した事例

相手方保険会社との粘り強く迅速な交渉によって約161万円増額した事例

後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
頸椎捻挫、腰部捻挫
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約180万円 約341万円 約161万円の増額

交通事故事件の概要

ご依頼者様は、相互交通が困難な道路を自動車で走行していましたが、ご依頼者様の前には1台の自動車が走行してました。
ご依頼者様の前の自動車が前方から進んできた自動車とすれ違うことになりましたが、前方の自動車は道幅が狭かったため、進むことができませんでした。その後、前方の自動車が突然バックし始め、それが原因でご依頼者様と衝突することになりました。

弁護士法人ALG姫路法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様が弁護士に相談した段階では、保険会社から賠償金180万1465円の提示がされていました。保険会社の提示した賠償金額の内容及び内訳を精査したところ、本来含まれるべきである後遺障害逸失利益が全く含まれていないこと、休業損害・傷害慰謝料が低額であることが判明しました。そこで、弁護士が後遺障害逸失利益の計算、休業損害・傷害慰謝料の再計算をした上で、相手方保険会社との交渉を開始しました。なお、ご依頼者様はなるべく早期な解決を希望していました。 ご依頼者様は後遺障害が認定される程の大きなケガを負っているため、本件事故によるケガの大きさ・病院に通うことの辛さ等を、相手方保険会社に訴えました。
相手方保険会社は交渉開始当時、増額に対して消極的な意見でしたが、粘り強く迅速な交渉の結果、交渉開始から約20日で161万1198円を増額した合計341万2663円を保険会社から受け取ることができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る