遺留分減殺請求により多額の相続財産を獲得できた事例

遺留分減殺請求により多額の相続財産を獲得できた事例

相続財産:
預貯金
不動産
依頼者の被相続人との関係:
相続人:
なし(受遺者あり)
争点:
遺留分減殺請求
弁護士法人ALGに依頼した結果
預貯金 約40万円 約750万円 約710万円の増額

事案の概要

受遺者ら(被相続人の親戚)に遺産の大部分を遺贈する旨の遺言が残されていたところ、被相続人の娘で唯一の法定相続人である依頼者のもとに、受遺者の1人である遺言執行者から相続に必要な手続についての連絡があった。依頼者は、法定相続人・遺留分権者として正当な相続財産を取得すべく、遺留分減殺請求を含む遺産分割協議の代理について弁護士に依頼があった。

弁護方針・弁護士対応

相手方との間で、遺留分減殺請求を含む遺産分割協議を行った。遺留分の制度や遺留分減殺請求権行使による帰結(依頼者の受け取るべき分)について相手方に詳しく説明したり、依頼者、相手方それぞれの被相続人への想いを互いに伝達したりなど、法的な面、感情的な面のいずれにも配慮した交渉を行った。

弁護士法人ALG姫路法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

依頼者が(遺留分として)被相続人の相続財産の2分の1にあたる預貯金を取得する旨の遺産分割協議が成立した。

相続 解決事例一覧 相続ページに戻る