借金やDVのあった相手方に対し、事実関係を調停の主張書面で詳細に説明したことで、早期に離婚成立となった事例

借金やDVのあった相手方に対し、事実関係を調停の主張書面で詳細に説明したことで、早期に離婚成立となった事例

依頼者の属性
20代
女性
専業主婦
子供1人(第2子妊娠中)
相手の属性
20代
男性
会社員
受任内容
婚姻費用
養育費
出産費用
DV等に対する慰謝料の請求

事案の概要

本件は、約3年前から相手方と別居中で、断続的に面会交流が行われているものの、依頼者としてはそうした状況に早期に区切りをつけ、離婚を成立させたいということで、弊所にご相談のうえ、ご依頼くださいました。

相手方とは別居中たびたび離婚についての話合いをしてきたものの、相手方は離婚に応じず、離婚届不受理届も提出されていました。

弁護方針・弁護士対応

相手方は、離婚に応じようとしませんでした。

また、夫婦関係悪化の原因について、自身の非を認めないばかりか、依頼者の方に非があるのではないかとも主張してきました。

相手方の対応・態度から、協議は長期化し、離婚も成立しない可能性が高いと考えられたため、弊所担当弁護士は、離婚調停を申し立てました。

弁護士法人ALG姫路法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

離婚調停を申し立てたところ、相手方から協議離婚に応じる旨の連絡がありました。

依頼者の望む早期離婚に向けて話合いを進め、養育費に代わる学資の支払いや面会交流の実施について定めた公正証書を作成の上、協議離婚が成立しました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る