弁護士 川上 展弘のプロフィール

弁護士 川上 展弘のプロフィール

弁護士 川上 展弘

依頼者様にとって最善の解決策は何かを常に考えています

弁護士 川上 展弘Nobuhiro kawakami

兵庫県弁護士会所属

弁護士 川上 展弘からのメッセージ

法律事務所に相談にいらっしゃる方は、私生活や仕事という“日常”の中で起きた問題を、「法律」という普段馴染みのない“非日常”的なものが関わる形で解決しなければならない、という局面に立たされています。

自分としてああしたい、こうしたいという希望をお持ちの方もいらっしゃれば、どのような解決方法があるか、自分が取りうる選択肢にどのようなものがあるかをまず知りたいという方もいらっしゃいます。

弁護士の仕事は、依頼者様のお話をじっくりと伺い、直面している問題の本質は何かを見極め、その問題の最善の解決策は何かを提案し、また依頼者様とともに考えながら、解決に向けた法律的な手続を進めていくことだと考えています。

また、依頼者様の不安や心の負担を取り除くことも、弁護士の重要な役割であると考えています。依頼者の皆様には、どうかご不安に思っていることについて何でも打ち明けていただければと存じます。

仕事をするうえで、心がけていること

熱意を持って、問題の本質を見極める

法律に関わるトラブルであっても、当事者同士の感情的な対立など、法律面以外での問題が根本にあることもあります。

トラブルを抱える方々に日夜接し、問題解決を目指すという仕事をしていく中で、根本にある問題は何か、法律論のみならず、法律面以外に解決すべき問題はないか、それを解決するには法律がどう役立つかなど、考えを巡らせています。

その原動力となるのは、依頼者様に幸せになっていただきたいという熱意であると思っています。

日々、熱意を持って依頼者様の幸せにつながる問題解決に向け思考を巡らせています。

姫路市の弁護士として活動しようと思ったこと

姫路周辺の地域に密着した弁護士を目指して

私は、離婚や交通事故など、市民のみなさんが突然に巻き込まれるトラブルを解決できるような、市民のみなさんにとって身近な弁護士になりたいと思い、弁護士になりました。

姫路市という播州地方の中核都市では、広く姫路市や周辺地域にお住まいの方々からの相談を受けることができる一方で、東京や大阪などの大都市にある法律事務所よりも地域に根差した弁護士活動が出来るかと思い、姫路で弁護士として活動したいと思いました。

人となり

趣味・特技

音楽鑑賞・演奏(歌、ギター)、街歩き、寺社巡り、写真撮影

お勧めの映画

石坂浩二の金田一耕助シリーズ

座右の銘

虎穴に入らずんば虎子を得ず

人生の目標

地域社会への貢献
弁護士 川上 展弘

経歴

  • 慶應義塾大学 法学部政治学科
  • 慶應義塾大学大学院 法務研究科

特に詳しい法分野

  • 民事法
  • 国際関係私法

弁護士として働きがいを感じる瞬間

依頼者様の想いを法律的メッセージとして伝えられたとき

自身の抱える問題について、ああしたい、こうしたいという思いがあっても、それを法的紛争の中で主張するにはどうすればよいのかが依頼者様には分かりません。

そうした依頼者様の主張や希望を聞き取り、裁判官や相手方に伝えるためのメッセージとして組み立て、依頼者様として「そうそう、そういうことが言いたかったんだよ」という形で発信したとき、そして、その結果、依頼者様の主張や希望が認められることになったときに、法律の専門家としてのやりがいを感じます。

弁護士 川上 展弘